アナログのデータをデジタル化するには

アナログなものをスキャンしてデジタルデータに変換

アナログなものをデジタルにする

現代のデジタル画像や動画、コンピューターで作成された文書などではなく、昔アナログカメラで撮影した写真や手書きの原稿などはデジタル化できないのでしょうか。実は現在ではほとんどのスマートフォンや印刷機にスキャン機能が付いており、家庭用プリンターなどでもアナログのデータをスキャンして読み込んでデジタル化する技術が浸透しています。 これは、アナログの画像や書類などをコンピューターで扱える画像データとしてスキャンし、光学的に読み取ってデジタル化するものです。その際は多くがPDFファイル化され、コンピューターに保存したり、メールで送ったり、SNSに上げたり、アナログでは不可能だったことを可能にしています。

アナログなものをデジタルにしたことで生まれたメリット

デジタル化により収納スペースが不要になったり、紙の劣化で破損したり紛失したりすることも防げるようになり、保存性が高くなりました。さらに、デジタル化することにより何十冊分の書籍データをスマートフォンやタブレット等で持ち歩くことができ、いつでも好きなときに好きな書籍を読むことができます。これまでかさばって処理に困っていた古いアルバムも、スキャンしてデジタル化することでスリム化され、色褪せることなくいつまでも美しい画像のまま保存することができます。ネガを無くしてしまった写真でさえ、焼き増しできるようになりました。PCやテレビでアルバムスライドショーを楽しむこともでき、デジタル化することでさまざまなメリットがあります。