1. HOME
  2. ブログ
  3. 情報
  4. 【シリーズ:DXを理解】DXの3段階とは?

BLOG

情報ブログ

情報

【シリーズ:DXを理解】DXの3段階とは?

DXとは、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略で、デジタル技術を用いて生活やビジネスを抜本的に変革し、より良くするという概念です。業務効率化による生産性向上や、企業の優位性向上などが期待でき、さまざまなビジネスの現場でDX推進が意識されるようになっています。一方で、注目度が高まっているものの導入には多くの課題が残っており、成功に至らないケースも頻繁にみられます。

DXの導入には「デジタイゼーション(Digitization)」「デジタライゼーション(Digitalization)」「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という3つがあり、それぞれの段階に合わせて現場の状況を整理していくことが成功の鍵と言われています。
今回はDX導入のメリットや、3つの段階についてご紹介します。

DX推進によるメリットは多いものの、どのように導入していけば良いのか分からないという声も...

なぜDXが必要なのか

デジタル技術によって社会や日常生活が変化していく中、ビジネスにもその大きな波が押し寄せています。DXを取り入れることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 生産性向上とコスト削減
    DX推進は、これまで人が行っていた入力、情報収集、統計というような単純作業の自動化を実現させ、業務の効率化に貢献します。また、自動化は思い込みやタイプミス、計算間違い等のヒューマンエラーを回避でき、より正確な成果へと導くため、全体として生産性の向上へとつながります。
    あわせて、導入の過程においては業務プロセスの可視化を行い、さまざまな作業の見直しや合理化を進めることになるため、コスト削減も見込めます。
  • 働き方改革の実現
    DXを取り入れることで業務の効率化がはかれれば、長時間労働の是正も大きく前進するでしょう。また、電子化による情報の一元管理が実行され、社外からの作業が可能になることで、テレワークやワーケーションといった自由な働き方にも対応できます。つまり、従業員のよりよい労働環境の構築にも役立つのです。
  • 時代や環境変化への柔軟な対応
    パソコンから携帯電話、そして近年はスマートフォンと、時代によってデジタルツールの流行があり、それに合わせて市場のニーズも刻々と移り変わります。さらに、大規模な自然災害や感染症による影響で、社会生活が予期せぬ方向へ進むこともあります。DXによってビジネスを電子化し活用できていれば、こうした変化にも柔軟に対応できるようになります。

DXの3段階とは

さまざまなメリットがあるDXですが、企業が「DX化を進めたい!」と思っても、すぐ実現できるものではありません。下記にある3段階を理解し、自社の状況に合わせながら進めることが大切です。

  • DXの3段階①…デジタイゼーション(Digitization)
    デジタイゼーションは、「アナログ・物理データのデジタルデータ化」を指します。
    例えばオフィスにある紙の資料や書類をスキャナーで電子化、さらにOCR処理(テキストデータを抽出する技術)し業務に活用することが該当します。ツールを使って物理データをデジタルデータにすることで、作業効率アップやコスト削減を目指します。
  • DXの3段階②…デジタライゼーション(Digitalization)
    デジタライゼーションは「個別の業務・製造プロセスのデジタル化」を指します。
    例えばシステム構築によってワークフロー全体をデジタル化し、作業の自動化や連携を進めることが該当します。デジタライゼーションによって単純作業が効率的に処理され、その分、分析や企画といった付加価値を生み出す作業に集中することができるようになります。ただし、この段階では「プロセスのデジタル化」のみで、ビジネス全体のデジタル化までは到達していません。
  • DXの3段階③…デジタルトランスフォーメーション(DX)
    最終段階であるDXは「組織横断/全体の業務・製造プロセスのデジタル化、“顧客起点の価値創出”のための事業やビジネスモデルの変革」を指します。
    個々の業務や製造プロセスだけでなく組織全体をデジタル化することで、既存サービスにはない付加価値や、新たな利益を生み出し、ビジネスモデルの変革へと向かうのがこの段階です。そしてDXの達成は、企業の優位性や競争力の向上につながるのです。

自社における電子化の進捗具合を踏まえて計画を!

新しいIT技術がどんどん生み出されていくデジタル社会。この変化を味方とするには、DXによる変革が必要不可欠と考えられます。しかし、オフィスの現状や実際のフローに即した形でなければ、期待していた成果は上げられないでしょう。DX達成までの3段階やメリットを念頭に置き、自社に合った導入方法を考えていくことが肝要です。

関連記事:デジタルトランスフォーメーション(DX)

参考

関連記事

無料相談:0120-611-922