1. HOME
  2. ブログ
  3. セキュリティ
  4. シンクライアントのメリット・デメリット

BLOG

情報ブログ

セキュリティ

シンクライアントのメリット・デメリット

新型コロナウイルス感染症対策として大きく注目された働き方、テレワーク 。多くの企業が取り入れていますが、導入にあたり機器の整備や労働時間の管理など、さまざまな課題をクリアできず実施に踏み切れないケースも見られます。中でも一番大きな課題とされるのがセキュリティの確保です。

テレワークを導入するためにネックとなるのがセキュリティ関係です。

そこで取り入れられるようになってきた技術が「シンクライアント」です。
シンクライアントとは、使用する端末の機能は必要最低限に留め、OSやアプリケーションの起動、データ処理まで全てをサーバ上で行う仕組みを指します。その中でも端末の起動時にOSイメージをダウンロードする形式を「ネットブート型」と言い、端末は画面表示のみとする形式を「画面転送型」と言います。

ネットブート型はOSイメージをダウンロードしてから使うため、起動に時間がかかります。起動してしまえばプログラムの実行は端末内で行われることから、通常の端末操作と変わらない操作感で使えるのが特徴です。

画面転送型はプログラムの実行も全てサーバ側で行われるため、端末では操作や入力を行うだけです。ネットワークへの負荷が少なくコストパフォーマンスも良いため、普及率はこちらの方が高くなっています。ただし、転送する画面の変化が大きい動画作成のようなアプリケーション操作は向いていません。

シンクライアントのメリット

  • セキュリティ
    端末でのデータ持ち出しがなくなるため、紛失も含めた情報漏えいのリスクがグッと減ります。
    また、OSやアプリケーションを一括管理できるため、アップデートやウィルス対策が一定に保てるほか、データへのアクセスコントロールも容易になります。
  • 管理面
    OSやアプリケーション、セキュリティ対策などを端末ごとに行う必要がなくなるため、管理の工数が減ります。また、データをサーバに集約することで重複排除やバージョン管理が行いやすくなり、常に最新の状態に保てることも利点です。
  • 働き方の多様化
    ネットワーク環境さえ整っていればオフィス以外の場所でも仕事ができるため、テレワークにとどまらず営業や出張などでも活用できます。また、育児や介護で稼働時間に制約がある人にも対応しやすくなるため、働き方の多様化へつながることが期待できます。

シンクライアントのデメリット

  • 導入コスト
    サーバ側で全ての管理を行うため、高スペックな環境を整える必要があります。通常のパソコンを用意するよりは、最初の導入コストがかかります。ただ、運用時の管理コストが下がることや、端末自体は安価なものになるため、長い目で見れば大きなデメリットとは言えないかもしれません。
  • ネットワークに依存
    サーバへの接続が不可欠なシステムのため、オフラインでは使えません。安定したネットワーク環境が必須です。
  • サーバへの負荷
    アクセスが集中すると処理が遅くなったり、サーバダウンが生じることもあります。
    利用人数や使用アプリケーションによって負荷のかかり方は違います。入念にシミュレーションをし運用時にトラブルが生じないよう構築していく必要があります。

シンクライアントはセキュリティや管理のしやすさから、企業だけでなく学校や自治体などに導入される例もあります。新しい働き方を後押しするシステムとしても注目されており、今後採用するところも増えていくでしょう。

関連記事

無料相談:0120-611-922