1. HOME
  2. ブログ
  3. 用語
  4. Wi-Fi(ワイファイ)

BLOG

情報ブログ

用語

Wi-Fi(ワイファイ)

私達の暮らしの中で頻繁に見たり、聞いたりする言葉「Wi-Fi」。
「WiFi」や「wifi」などの表記も見ますが、正しいのはWi-Fiです。そして読み方はワイファイです。インターネットに関するものだと認知されているWi-Fiですが、改めてどんなものかと問われると答えられない人も多いのではないでしょうか。

Wi-Fiマークのあるお店も増えました。

まずは名前の由来から説明しましょう。
Wi-Fiは「Wireless Fidelity(ワイヤレス・フェデリティ)」を略したものです。Wireless は無線LAN(※)、Fidelity は忠実な、という意味を持つことから、直訳すると「忠実な無線LAN」となります。また、音響分野において「原音に忠実な音」という意味を持つ「Hi-Fi(High Fidelity)」からもじったとの説もあります。
※無線LAN:LANとは、その場所にある機器同士をつなぐために構築されたネットワークのこと。そのつなげ方を無線で行うのが無線LANです。

無線LANイコールWi-Fiと思っている人が多いのですが、正しくはいろいろな規格がある無線LANの中の一つがWi-Fiです。従来、無線LANは標準規格がなかったため、機器によっては接続できないケースもありました。そこで、米国電気電子学会「IEEE(アイトリプルイー)」が無線 LAN の標準規格を決めました。それがWi-Fiです。「Wi-Fi CERTIFIED」というロゴマークや「IEEE802.11対応」という表記がされている機器であれば、通信できるようになっています。

Wi-Fiがあれば、パソコンとプリンターやスマートフォンなど、機器同士が無線でつながります。さらにルーター(LANでつながっている機器とインターネットつなぐ中継役)を利用することで外部と通信することができます。このルーターとWi-Fiが一つになったものがモバイルWi-Fiルーターです。持ち運びができるので、打ち合わせ先にパソコンやタブレット端末を持っていく際にセットで用意する企業も多いようです。また、公共Wi-Fi環境の整備も進み便利になりました。

しかしその反面、Wi-Fiには不正アクセスや通信内容を盗み見られるなどの被害を受けるおそれもあります。総務省では安全に利用するためのガイドラインとして、3つのセキュリティポイントを示しています。

ポイント1  アクセスポイントを確認する
ポイント2  URLが「https://」から始まっているか確認する
ポイント3  自宅のWi-Fiルーターのパスワードにも注意

正しく理解して、セキュリティ対策の整ったWi-Fi利用をしていきましょう。

参考

関連記事

無料相談:0120-611-922