1. HOME
  2. ブログ
  3. 法律
  4. 著作者人格権

BLOG

情報ブログ

法律

著作者人格権

著作者の権利には、「著作権」と「著作者人格権」の2つがあることをご存知でしょうか?
よく耳にする著作権は、作品の財産的利益を保護する権利のこと、著作者人格権は人格的利益を保護するための権利です。

著作物は適切に扱いましょう。

著作者人格権をもう少しわかりやすく説明すると、著作者が作品へ込めた気持ちやクリエイターとしての名誉を傷つけられないように保護する権利、ということです。

著作者人格権は著作者の権利だと著作権法第17条で定められていますが、業務で制作したものは「職務著作」といい法人が著作者として扱われるため、著作者人格権は著作した個人ではなく、法人が持つこととなります。

では、著作権と著作者人格権はどのタイミングで付与されるのでしょうか。それは著作物が創作された時点です。自動的に付与されるものですから、これらの権利を得るためにわざわざ申請する必要はありません。

また、各権利の譲渡についてですが、著作権は財産的利益を守るという特性から、土地の所有権と同じように譲渡したり相続したりすることができます。ですから、必ずしも著作者が著作権を持っているとは言えません。一方、著作者人格権は著作者の感情を守るためのものなので、譲渡したり相続することはできません。そのため、クライアントからの依頼でイラストや音楽、ライティングの制作をする場合、事前に「著作者人格権を行使しない」という契約を取り交わすケースが多くあります。

著作者人格権の具体的な内容は次の4つになります。

  1. 公表権(著作権法第18条)
    著作者がまだ公表されていない著作物の公表をするか否か、公表する場合はその時期や方法などを決めることができる権利です。
  2. 氏名表示権(著作権法第19条)
    著作物を公表する際に著作者名を表示するか否か、表示する場合は「実名」か「ペンネーム」かなどを決めることができる権利です。
  3. 同一性保持権(著作権法第20条)
    著作物が他者によって無断で改変されることを拒否できる権利です。
  4. 権利侵害とみなす行為(著作権法第113条11項)
    名誉声望の侵害禁止です。著作者の名誉や声望を害する方法で著作物を利用することを禁じています。

著作権という言葉はよく耳にしますが、その作者を守る著作者人格権は見過ごされることもあるようです。きちんと理解してトラブル回避に繋げていきましょう。

関連記事

無料相談:0120-611-922