1. HOME
  2. ブログ
  3. 用語
  4. アジャイル開発(アジャイルソフトウェア開発)

BLOG

情報ブログ

用語

アジャイル開発(アジャイルソフトウェア開発)

アジャイル(agile)とは「機敏な」「迅速な」という意味を持つ英語で、「アジャイル開発」はその名の通り迅速に開発するという特徴を持った手法です。

アジャイル開発の概念が誕生したのは2001年。アメリカ・ユタ州に集まった技術者・ブログラマーによって「アジャイルソフトウェア宣言」がなされたのが始まりです。宣言は以下のとおりです。

私たちは、ソフトウェア開発の実践
あるいは実践を手助けをする活動を通じて、
よりよい開発方法を見つけだそうとしている。
この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。
プロセスやツールよりも個人と対話を、
包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、
契約交渉よりも顧客との協調を、
計画に従うことよりも変化への対応を、
価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを
認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。

Kent Beck、Mike Beedle、Arie van Bennekum、Alistair Cockburn、Ward Cunningham、Martin Fowler、James Grenning、Jim Highsmith、Andrew Hunt、Ron Jeffries、Jon Kern、Brian Marick、Robert C. Martin、Steve Mellor、Ken Schwaber、Jeff Sutherland、Dave Thomas
© 2001, 上記の著者たち
この宣言は、この注意書きも含めた形で全文を含めることを条件に自由にコピーしてよい。

アジャイルソフトウェア開発宣言
https://agilemanifesto.org/iso/ja/manifesto.html

赤字がこの宣言の価値観を表した箇所です。この宣言には「アジャイル宣言の背後にある原則」という内容が付記されており、12項目にわたって詳しく解説しています。

要求に対してスピーディーに応じることができるアジャイル開発

アジャイル開発の特色は<計画 → 設計 → 実装 → テスト>の開発工程を小さなサイクルで繰り返すことです。短いスパンでリリースしユーザー(顧客)からのフィードバックに対して迅速に応える、という繰り返しにより、顧客のニーズに最大限応えたシステムを提供することが可能となります。アジャイル開発に向いているのは、コミュニケーションツールやecサイト、スケジュール管理システムなど、使ってみて仕様が変わる可能性のある分野、変化を要求されたときにすぐ対応できるスピード開発を求められる分野です、

一方、従来型の開発手法「ウォーターフォール・モデル開発」は、要件定義から設計、開発、実装、テスト、運用までの工程を1つの流れとし、段階的に完了させていくものです。こちらはリリースまでに長い時間を要する傾向がありますが、余裕をもって進行するケースが多く、予算が立てやすい、チームメンバーのアサインがしやすいなどのメリットがあります。反面、開発途中の仕様変更や問題が起こった際の対応が困難なことなどです。厳格にプロジェクトを進行させる特性があるので、大規模開発、企業の基幹システム開発、医療システム開発などに適しています。

アジャイル開発はシステムやソフトウェアを開発するための手法ですが、スピード感、変化に柔軟に対応できること、最終的に顧客満足度の高い製品やサービスが提供できることから、さまざまな業界がそのエッセンスを取り入れ、プロジェクト管理などに応用しています。

書類の電子化も一度に全てやるのではなく、まず少量で試してみて運用し、現場の声をフィードバックして次へ進むという方法をとるケースがあります。お客様のご要望に応じた電子化をするために、ぜひご相談ください

参考

関連記事

無料相談:0120-611-922