1. HOME
  2. ブログ
  3. 用語
  4. デジタルトランスフォーメーション(DX)

BLOG

情報ブログ

用語

デジタルトランスフォーメーション(DX)

デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とは、2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、”ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる”と定義しています。これは「目的のためにITを利用する」ことではなく、「ITが生活に根付くことで新たな価値観を生み、あらゆる物事の質を向上させる」という考えです。

例えば、AR(エーアール:拡張現実)というカメラで捉えた風景にデジタル情報を載せて表示するIT技術があります。これが「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」といったゲームに使われることで、ただ楽しいだけではなく「歩く」という動作に付加価値を与えました。それは「健康づくりの後押し」や「コミュニケーションの一助になる」などです。大きなブームとなり、社会にさまざまな影響をもたらしました。こういった革新的な流れこそデジタルトランスフォーメーションと言えるでしょう。

ちなみに、「デジタルトランスフォーメーション」より「DX」という表記の方をよく目にしますが、これは英語圏特有の省略方法で「Trans〜」をXと表記することが多いため、普通に頭文字をとった「DT」ではなく「DX」という表記になっています。

DXを推進して新たな競争力を獲得へ!

日本では2018年に経済産業省がDX推進ガイドラインをまとめ、企業がどのようにDXを推進すべきかを説明しています。
この中では「2025年の崖」と表現される経済損失についての記載があります。企業内の既存システムが、技術面の老朽化やシステムの複雑化によってDXへの足かせとなっていることを指摘し、このまま問題を放置しておくとDX実現が遠のくだけでなく、2025年以降に最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性がある、という内容のものです。

多くの企業が情報の電子化を進め、ビジネスのあらゆる場面でITを導入していますが、実はDXが実行されているケースはほんの一握りです。
既存のシステムを刷新し業務自体の見直しを決断をする経営層は少なく、なるべく改修という方法を取ることでリスクを最小限にしようと考えます。しかし、それだと既存システムの問題点も引き継ぐ形となり、また、複雑化を招くことにつながりかねません。さらに社内でITに精通しているリーダーが少なく、人材不足も否めません。

前述したDX推進ガイドラインでは、下記のような対応策をとることで「2025年の崖」回避を提案しています。

  1. 「見える化」指標の策定と中立的な診断スキームの構築
    経営層自らがITシステムの現状と問題点を把握し、適切に管理できるようにする。
    具体的には問題点の「見える化」指標の策定や、中立的で簡易な診断スキームの構築が挙げられます。
  2. 自社の「DX推進システムガイドライン」の策定
    既存システムの刷新やDX推進にあたり「体制のあり方」や「実行プロセス」を提示。共有だけではなくチェックリストとして活用します。
  3. DX推進によるコストやリスク低減の対応策を提示
    システム刷新後の実現すべきゴールを明確にし共有することで、変化に対して迅速に追従できるよう準備しておきます。また、予め不要なシステムは廃棄し、プラットフォームの共通化をはかるなど、スムーズにDXを実行するために、各対応策を提示します。
  4. システム構築を担当する外部企業との新たな関係構築
    多くのシステム構築では、構築を担当する外部企業に何もかもを丸投げしているため、要件定義が不明確で契約上のトラブルに陥るケースもあります。DXへの取り組みではこれを見直し、自社のシステム設計はしっかり自社で話し合い、導入後のイメージを明確にすることでより良い仕組みづくりをすることが大切です。
  5. DX人材の育成や確保
    ITで何ができるのかを理解できる人材を確保する、社内でスキル標準や講座認定制度による人材育成を行う、などDXを牽引するスタッフを増やしていくことが肝要です。

「ITは技術を持った一部の人の作るもの」「電子化は外部サービスで行うもの」から、「業務で当たり前に使っているもの」「データマネジメントで積極的に情報運用」へ。そしてさらに「DX推進でビジネスを迅速に展開し、新たな競争力を獲得する」ことで経済損失を回避し成長へとつなげていくこと目指したいものですね。
書類の電子化はDXを進めるうえでの第一歩です。新しいシステムに沿った形で電子化したいといったご要望も、ぜひご相談ください。

参考

関連記事

無料相談:0120-751-291