1. HOME
  2. ブログ
  3. 用語
  4. ストレージ

BLOG

情報ブログ

用語

ストレージ

英語での「storage(ストレージ)」は「保管」や「倉庫」といった意味があります。IT用語としては「補助記憶装置」の意味で使われており、元々は外付けのハードディスクやDVD、USBなどの外部記憶装置のことを指す場合が多かったのですが、通信技術が発達した現在ではオンラインストレージやクラウドストレージと言われるインターネットを介したデータの保管場所を指すことも増えてきました。

ストレージには大きくわけて3つの種類があります。内部ストレージ、外部ストレージ、オンラインストレージです。それぞれの違いを見てみましょう。

データを上手に保管するために、ストレージを利用しましょう

内部ストレージ

パソコンやタブレット、スマートフォンなど情報機器に内蔵されている補助記憶装置のことです。もともと備わっているもので、ある程度の容量がありますが一杯になるとそれ以上の操作ができなくなる可能性があります。
定期的にデータを整理したり、「キャッシュ(同じ動作をする時に時間がかからないよう、一時的に設定などを保存する仕組み)」を削除したりすることで、内部ストレージに余裕を持たせることができます。

外部ストレージ

パソコンやタブレット、スマートフォンなど情報機器に接続してデータを保存する補助記憶装置のことです。ハードディスクやDVD、USB、microSDカードなどがあります。外部ストレージは簡単に使えて持ち運ぶこともできる反面、紛失や破損、セキュリティの弱さから情報漏えいにつながりやすい点など、デメリットもあります。導入には使用ルールを明確にし、セキュリティ面も考慮したものを選ぶと良いでしょう。

手軽で持ち運びもできる補助記憶装置は便利!

オンラインストレージ

オンラインストレージの他にクラウドストレージという言葉もよく聞きます。クラウドとは「クラウドコンピューティング(Cloud Computing)」のことで、インターネットを使ったサービス提供の仕組みを指します。ストレージに限らず、WEBメールやアプリケーションの開発など、さまざまな利用ができるのです。つまり、オンラインストレージはクラウドの一つだということです。
自社でサーバをレンタルしてデータベースとする場合や、ストレージを提供しているサービスを使う場合もあります。ストレージサービスには無料のプランやトライアルもあり、まずはそういったものから利用して、どんな風に使うのか試してみるのも良いでしょう。
オンラインストレージの強みは、インターネット環境があればどこでもデータを保存・取り出すことができることです。ファイル共有がしやすいですし、検索性もあるため情報を探しやすくなります。ただし、不正アクセスや操作ミスによる情報漏えいも考えられるため、リスクマネジメントも重要です。何よりインターネットに接続できない場合は全く使えなくなるため、複数の接続手段を用意するなども考慮しておく必要があります。

【よく使われているオンラインストレージ】


ストレージは扱う情報の機密度によってセキュリティを考え、容量の大きさや使い勝手をシミュレーションした上でどのタイプが良いかを選ぶことをおすすめします。電子データ化センターでの納品もご要望に応じた方法を取らせていただきます。ぜひご相談ください

関連ページ:クラウドサービスを上手に利用して業務効率アップ!

関連記事

無料相談:0120-751-291