1. HOME
  2. ブログ
  3. 用語
  4. CSV(シー・エス・ブイ)

BLOG

情報ブログ

用語

CSV(シー・エス・ブイ)

アプリケーションやデータベースなど、データを扱う様々な環境において汎用性の高いデータ交換用のファイル形式がCSVです。

CSVは「Comma-Separated Values」の略で、日本語に訳すと「カンマで区切った値」となります。その名の通り値をカンマで区切った記述方法で、テキストファイルで作成されています。しかし拡張子はテキストファイルを表す「.txt」ではなく、「.csv」を使用します。

CSVはISOやJISといった標準化を決める機関が定めた規格ではなく、実際に使用される中で標準として扱われるようになった、いわゆる「デファクトスタンダード」の規格であり、2005年にRFC 4180によって仕様が成文化されました。

CSVデータを作成して様々な情報処理に利用しましょう

CSVファイルの特徴は、カンマで区切るだけのシンプルな構造ゆえにデータ容量が軽く、違うアプリケーションやプログラムへデータを移行する際にも共有が可能(※)という扱いやすさです。
※ただしアプリやプログラム間でCSV出力/入力に対応している必要があります。

なお、CSVの基本はカンマ区切りですが、そのほかにタブで区切る「TSV(Tab-Separated values)」、スペースで区切る「SSV(Space-Separated values)」などもあります。いずれもテキストファイルで作成可能ですが、表計算ソフト(ExcelやGoogleスプレッドシートなど)を使って作成するのが簡単です。

ビッグデータの解析にも使えるファイル形式「CSV」について

CSVは主に表計算ソフトやサーバに組まれたデータベースなどで使われていますが、近年では行政機関への様々な申請でも、CSV形式のデータを使えるようになっており、企業でもビッグデータの解析やネットショップの登録といった様々な業務に採用されています。電子化が進むビジネスの中で、必要不可欠な要素となりつつあるのがCVSなのです。

関連記事

無料相談:0120-751-291